民事再生の注意点

これから民事再生をする上で注意するべき点とは一体何なのでしょうか。まず借金をしていて、それに保証人がついている場合は、民事再生をしたとしても保証人の方の債務は減額されないため注意しましょう。また、再生を申請してから実際に適用されるまでには支払いは止まります。その間は保証人の方に支払い請求がいってしまうかもしれません。そのため、保証人にきちんと了解を取っておくべきでしょう。あるいは保証人の方でも民事再生の手続きを取った方が良いケースまであるのです。

また、民事再生というのはあくまでも借金を返済することを前提とした手続きとなっています。年で返済することを前提としているため、継続した収入があることが必要となります。そのため、フリーターや主婦の方の場合は適用されないことがあります。

計算また、再生計画を立てることになるのですが、その際には可処分所得を計算します。それは年間の手取り収入から年間の最低生活費を引いて、それに2年分をかけます。年間最低生活費の基準というのは、それぞれの地域の生活保護の支給額となっています。このことを踏まえた上で余裕のある計画を立てるべきです。

認可されたとしても借金の返済はきちんとしなければいけません。民事再生できたのに返済が遅れてしまうと、その再生計画自体が取り消されることになるため注意しましょう。

無料相談を活用

実際に民事再生をするためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。まず、民事再生には個人用と会社用の2種類があります。また、個人用の中にも小規模個人再生と給与所得者個人再生があります。自分のケースはどれに当てはまるのか分からないという方は弁護士に相談をすると良いでしょう。基本的に民事再生の手続きは弁護士に頼むケースが多いです。そうすることによって、専門的なことを教えてもらうことができて、スムーズに手続きを進めることができるでしょう。

弁護士民事再生についてさまざまな疑問を抱いている方は多いでしょう。たとえば金融機関からの取り立てに悩んでいる方は、民事再生の手続きでそれを止めることができるのか知りたいでしょう。クレジットカードが使えなくなるのではないかと不安になっている方もいます。弁護士費用についても不安になっている方は多いでしょう。

弁護士への相談については、基本的に無料となっていることが多いです。最初に話を聞いてもらうだけであれば、どこの法律事務所であっても無料で相談をしてくれるでしょう。具体的に弁護士に仕事をしてもらう段階になって初めて料金が発生するのです。そのため、安心して利用できるでしょう。無料相談を活用して、民事再生について詳しくなりましょう。

≪参照リンク≫アディーレ – 弁護士無料相談

民事再生とは

そもそも民事再生とは具体的にどのような方法なのでしょうか。こちらは住宅をはじめとする財産はそのまま残しておけます。その上で借金を大幅に減額してもらうことができるのです。どのくらいの減額が実現できるのかは、その人が保有している財産の程度によって変わります。原則としては3年間で分割をして借金を返済していくことになります。減額をしたあとの借金を完済することができれば、それ以外の借金については返済義務がなくなるのです。

給料借金を解決するための手段として自己破産はよく知られています。しかし、自己破産では自分の財産をすべて処分しなければいけません。一方、民事再生の場合は高価な財産についてはそのまま所有しておくことができるというメリットがあります。また、民事再生では職業に対する制限はありません。デメリットが少ないのです。

現在の借金を返済するのは困難だけれども、もっと減額して分割してもらえれば返済できるという方はこちらの方法をおすすめします。処分したくない財産があったり、自己破産をしてしまうと仕事ができなくなってしまう方にとっては有効な方法となるでしょう。条件としては借金の総額は住宅ローンを除いて5千万円以下である必要があります。また、継続して収入を得る見込みがなければいけません。

弁護士に頼む民事再生

お金がない借金に苦しんでいる人がたくさんいます。日本はずっと不況が続いています。そのためにお金に困っている方が増えているのです。どうしても必要なお金がない場合は借金をすれば良いのですが、借金というのは返済しなければいけません。その返済に苦労してしまうと、最終的にはどうしようもなくなってしまうでしょう。きちんと借金を返済するための方法があれば良いのですが、借金の額が簡単に返せる額ではなくなってしまい、途方にくれている方がいるのです。

多くの借金に苦しんでいる方は心身に大きなプレッシャーを抱えています。借金を返したいけれども、その問題を解決することができなくて悩んでいるのです。実は日本にはこのような借金に苦しむ人を救うためのさまざまな制度が存在しています。そちらを利用することによって、借金を減額することができたり、返済を猶予してもらったり、借金を帳消しにしてもらえるケースもあるのです。このような方法があることを知っているのと知らないのとでは、その人のこれからの人生に大きな違いが出てくるでしょう。

借金の問題を解決するための手続きのことを債務整理といいます。債務整理にはいろいろな種類があるのです。そのうちの一つとして民事再生というものがあります。こちらは個人再生と呼ばれることもあります。聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか。こちらの方法を活用することによって、借金の負担を大きく軽減できるでしょう。それでは民事再生を実際に利用したい場合の方法について紹介します。弁護士を利用する方法を教えましょう。