民事再生の注意点

これから民事再生をする上で注意するべき点とは一体何なのでしょうか。まず借金をしていて、それに保証人がついている場合は、民事再生をしたとしても保証人の方の債務は減額されないため注意しましょう。また、再生を申請してから実際に適用されるまでには支払いは止まります。その間は保証人の方に支払い請求がいってしまうかもしれません。そのため、保証人にきちんと了解を取っておくべきでしょう。あるいは保証人の方でも民事再生の手続きを取った方が良いケースまであるのです。

また、民事再生というのはあくまでも借金を返済することを前提とした手続きとなっています。年で返済することを前提としているため、継続した収入があることが必要となります。そのため、フリーターや主婦の方の場合は適用されないことがあります。

計算また、再生計画を立てることになるのですが、その際には可処分所得を計算します。それは年間の手取り収入から年間の最低生活費を引いて、それに2年分をかけます。年間最低生活費の基準というのは、それぞれの地域の生活保護の支給額となっています。このことを踏まえた上で余裕のある計画を立てるべきです。

認可されたとしても借金の返済はきちんとしなければいけません。民事再生できたのに返済が遅れてしまうと、その再生計画自体が取り消されることになるため注意しましょう。