民事再生とは

そもそも民事再生とは具体的にどのような方法なのでしょうか。こちらは住宅をはじめとする財産はそのまま残しておけます。その上で借金を大幅に減額してもらうことができるのです。どのくらいの減額が実現できるのかは、その人が保有している財産の程度によって変わります。原則としては3年間で分割をして借金を返済していくことになります。減額をしたあとの借金を完済することができれば、それ以外の借金については返済義務がなくなるのです。

給料借金を解決するための手段として自己破産はよく知られています。しかし、自己破産では自分の財産をすべて処分しなければいけません。一方、民事再生の場合は高価な財産についてはそのまま所有しておくことができるというメリットがあります。また、民事再生では職業に対する制限はありません。デメリットが少ないのです。

現在の借金を返済するのは困難だけれども、もっと減額して分割してもらえれば返済できるという方はこちらの方法をおすすめします。処分したくない財産があったり、自己破産をしてしまうと仕事ができなくなってしまう方にとっては有効な方法となるでしょう。条件としては借金の総額は住宅ローンを除いて5千万円以下である必要があります。また、継続して収入を得る見込みがなければいけません。